スキンケア

洗顔で美白を手に入れる!オススメ洗顔料5選

みなさんは白く透き通った綺麗な肌に憧れることはありませんか?

ちぴ
ちぴ
美白になりたいけどどうしたら・・・

と私も悩んで色々と調べていたのですが、美白には洗顔が重要という結果に行き着きました!

今回は美白と洗顔の関係性と効果的な洗顔方法、あわせておすすめの洗顔料を紹介します。

 

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

なぜ美白に洗顔が重要なのか

一般的に『美白』と聞いて想像する肌は、

  1. 透明感があり、
  2. くすみやシミが見当たらない

そんな肌ではないでしょうか?

そこに憧れを抱き、【美白】とついた化粧水や乳液を使用する人が多いと思います。もちろんそこも大事なのですが、大前提として洗顔によって清潔の肌を保つということが重要です。

古い角質のケア

肌の外側にある表皮層の1番上にあるのが角質層と呼ばれている層なのですが、この層は肌の中で最も古い細胞でできています。

一番下の層である基底層で新しい細胞が作られ、古くなった細胞が角質層へと押し上げられていきます。この肌の仕組みをターンオーバーといいます。

この古くなった角質には汚れも付着しており、それがくすみの原因にもなります。乾燥しているときには角質層を厚くすることによって水分を保とうとする働きもあるので、厚くなった角質層により肌がくすんでみえる原因にもなります。

洗顔を行うことでターンオーバーをサポートし、古い角質をケアすることができます。

毛穴の黒ずみ除去

毛穴の黒ずみも美白の妨げになります。

毛穴の黒ずみは、毛穴の中に古くなった角質や皮脂が詰まり酸化することで発生します。洗顔には毛穴の汚れや皮脂を取り除く効果もあるので、丁寧に洗顔して毛穴の黒ずみを解消しましょう。

毛穴の汚れを落とすことにより、洗顔後の化粧水等の効果(保湿成分や美白成分など)が高まります。

余分な皮脂や汚れを落とす

日中の外出などで肌は花粉やほこり、化学物質など、目には見えない汚れがついてしまい、それが肌にとっては刺激物となってしまいます。

皮脂もホルモンバランスの乱れ、脂質の摂りすぎ、生活習慣の乱れ、ストレスなどで増えてしまいます。余分な皮脂や肌についた汚れをそのままにしてしまうと、肌のくすみの原因となったり、肌トラブルを招く原因となってしまうので、毎日洗顔で丁寧に洗い流すことが必要です。

皮脂が多いからといって、あぶらとり紙などを頻繁に使いすぎると、かえって乾燥してしまうので注意しましょう。

洗顔料選びのポイント

洗顔料を選ぶときは自分の肌質に合ったもの、美白につながる成分が入った洗顔料を使わなければ効果が得られにくくなります。自分の肌質が分からない人はコスメカウンターで気軽に診断してもらえますよ。

美白効果が期待できる成分

一般に下記成分が美白に効果があるとされています。

  • 酵素…角質汚れ、毛穴の黒ずみに有効
  • AHA(アルファヒドロキシ酸)…古い角質の除去に有効
  • プラセンタエキス…メラニンを抑制する効果
  • コラーゲン…肌の乾燥を防ぎトーンダウンを防止
  • ヒアルロン酸…コラーゲンと同様の効果
  • ビタミンC誘導体…シミの予防と解消が期待できる

肌質別洗顔料選びのポイント

肌質によって使うべき洗顔料も変わってくるので、自分の肌質を知ることも重要です!

乾燥肌

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶうえで重要なことは必要以上に強い洗顔料を選ばず、保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶということです。

特にインナードライ肌の人は洗浄力の強い洗顔料を選びがちですが、それにより更に肌が乾燥し→皮脂を過剰に分泌してしまうという悪循環に陥ってしまいますので注意してください。

洗顔は肌を清潔にするために必要な行為ですが、乾燥肌の人にとっては肌から水分を奪ってしまう行為でもあります。そのためコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿を促す成分が含まれているもの、洗浄力が弱く刺激の少ないアミノ酸系洗浄成分(アミノ酸系界面活性剤)を使用しているものを選ぶと良いでしょう。

アミノ酸系界面活性剤の表記例

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ステアロイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸Na
  • ミリストイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa など

また、保湿成分にオイルを使用しているものは乾燥肌の人にはおすすめできません。オイルを使用している洗顔料は、洗顔後の肌にオイルで膜を作ってくれるのでしっとりしたような気持ちになりますが、言葉通り膜を作っているのでその後の化粧水などが浸透しにくくなってしまい保湿が十分にできない状況になってしまいます。

オイリー肌

オイリー肌の人は余分な皮脂や汚れを落としてくれる洗浄力が高めの洗顔料がおすすめです。

しかし石油系界面活性剤など、洗浄力が強すぎる洗顔料を毎日使い続けることは肌に負担がかかりすぎるので避けましょう。皮脂を落としすぎると、逆に皮脂を過剰に分泌してしまうという悪循環に陥る場合があります。

添加物の少ない固形石鹸で十分に余分な皮脂や汚れは洗い流せるのでおすすめです。

なお、オイリー肌だと思っていたらインナードライ肌だった…というパターンがよくあります。どちらの肌なのか自分で見極めましょう。

敏感肌

敏感肌の人は肌への負担が少ない、無添加成分の洗顔料や天然成分で作られた固形石鹸、弱酸性のものなどを選びましょう。

アルコールやパラベン、イオン界面活性剤、合成香料などといった成分は赤みやかゆみなどを引き起こす原因となるので、シンプルな成分の洗顔料が良いでしょう。

美白を目指す正しい洗顔方法

正しく洗顔が出来ていないとかえって肌トラブルを引き起こしてしまい、シミやくすみで美白が遠のいてしまいます。正しい洗顔方法を知り、美白を手に入れましょう。

①手を清潔にし、クレンジングを行う

洗顔をする前に手を綺麗に洗い、手の雑菌が顔につかないようにしましょう。また、化粧をしている場合はクレンジングをし、念入りに落としましょう。

②洗顔料はよく泡立てる

ぬるま湯で顔を余洗いしたら、洗顔料をしっかりと泡立てます。泡立てネットを使って泡立てるとキメが細かく弾力の泡になりますし、泡タイプの洗顔料も多く売ってありいます。肌へ摩擦が起きないよう(肌への摩擦でメラニンが生成され、シミの原因となります)に、顔と手で泡を挟むようにして優しく洗っていきます。

小鼻などは毛穴に汚れが詰まりやすいので念入りに洗いますが、ゴシゴシと洗わずに、くるくると優しく洗っていきます。

③ぬるま湯で丁寧に洗い流す

洗い終わったらぬるま湯で30回程度、洗顔料が顔に残らないように丁寧にすすぎます。その際も摩擦をさけ、手が顔に触れないようにすすぐことがおすすめ。髪の生え際やフェイスラインなど洗い残しが多いので気を付けましょう。シャワーの水圧が肌への負担になるので、シャワーで直接洗い流さないようにしてください。

④優しくタオルで拭く

すすぎ終わったらタオルで優しくぽんぽんと水分を取っていきます。肌へ負担をかけないように、ゴシゴシとこすらないようにしましょう。

⑤洗顔後はすぐに保湿

洗顔後はすぐに化粧水や乳液で保湿をします。洗顔後は肌の水分が蒸発しやすく、外部からの刺激にも弱い状態で、洗顔後3分以内の保湿が理想だと言われています。このとき美白化粧品を利用すると、より美白に効果があります。

美白におすすめの洗顔料

美白になるためにおすすめの洗顔料を5つ紹介します!今回はプチプラ〜デパコスまで幅広くチョイスしてみました。

洗顔パスタ ホワイトダイヤ(ロゼット)

くすみ肌や乾燥肌で悩んでいる人におすすめの洗顔料。

  1. 3種のブライトアップパウダー(ダイヤモンド・真珠・イオウ)で角質ケア
  2. 8種の美容成分(ローズハチミツエキス・プラセンタ・ユキノシタエキス ・カミツレ花エキス ・白蓮エキス・ビタミンC・ローズオイル・プルーンオイル)
  3. 低刺激、アミノ酸洗浄成分、アルコールフリー、鉱物油フリー

さらにお値段もお手頃で魅力的です。

専科/パーフェクトホワイトクレイ

肌の古い角質や落ちにくい毛穴の奥の汚れもしっかりとからめとってくれる美白洗顔料。継続して使用することで肌をワントーンアップに導いてくれます。

天然由来保湿成分を含んでいるので、肌の潤いを守りなめらかな肌に仕上げてくれます。

カネボウ suisai ビューティークリアパウダーウォッシュN

酵素洗顔で毛穴の汚れや角栓、古い角質など、潤いを守りながら綺麗に落としてくれます。アクアモイスチャー成分(アクアグルコシド、ヒアルロン酸Naの保湿成分)配合なので洗いあがりもつっぱらずにすべすべ肌になります。

デパコスよりも安いけど、プチプラというには若干お高め。個包装なのでプチプラ洗顔料との併用もおすすめです。

コスメデコルテ/フィトチューン クリア パウダーウォッシュ

炭酸の泡で毛穴の奥の汚れや古い角質もしっかりとオフし、しなやかな透明肌に導いてくれる魔法のような洗顔料。毛穴の黒ずみや透明感をアップするのに効果的な酵素配合。植物性洗浄成分で肌に優しい使い心地。

雪肌精/ホワイトクリームウォッシュ

和漢植物配合で毛穴の汚れやメラニンを含む角質によるくすみを肌に負担をかけずにオフし、透明感ある肌へ導いてくれます。濃密でクリーミーな泡が簡単につくれ、ハトムギエキス(保湿)配合で洗顔後もつっぱることなく洗い上げてくれます。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

美白と洗顔料との関係性やおすすめの洗顔料を紹介してみました。美白になりたい人は実践してみてくださいね♩

美白の第一歩は洗顔です。毎日の洗顔で美白を手に入れましょう。

クレンジングに関しての記事はこちら

W洗顔不要って?メリット・デメリットとおすすめクレンジング6選さっそくですが、みなさんは「W洗顔派」ですか?それとも「W洗顔不要派」ですか? メイクをしている人は当たり前のようにクレンジングと...

シミに関する記事はこちら

シミができる原因とは?対策をして美白を手に入れよう!年齢を重ねるごとに気になってくるお肌のシミ。 シミの対策と言えば「日焼け止めを塗る」「美白化粧水を使う」「レーザーでシミ取りをする...

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村