お金のはなし

エアコンの電気代を節約して快適な生活を送るための6つの方法

近年の夏の暑さはエアコンがなければ命の危険さえ感じることも。熱中症を避けるためにもエアコンをつけて涼しい部屋の中で過ごしたいところですが、そうなると気になってくるのは電気代ですよね。

経済産業省によると夏の昼間14時ころの電気使用量は58%をエアコンが占めているということです。(引用元:経済産業省そのため夏はエアコンの電気代をどれだけ節約ができるかが、光熱費を抑えるカギとなります。

しばちゃん
しばちゃん
涼しい部屋の中で過ごしたいけど、電気代は節約したい!

そんなあなたに向けて、今回はエアコンの電気代節約法を紹介します。

※我が家は室内犬がいるので夏場は24時間エアコンつけっぱなしです。

犬を飼うにはどのくらいの費用が必要?【年間費用編】今回は犬を飼っていくために年間で必要となる費用を解説していきます。 初期費用編と追加で購入したもの編はこちら https:/...

節約その1:エアコンはつけっぱなしがお得

エアコンが一番電力を消費するのは最初の立ち上がりのとき。室温を設定温度まで下げる必要があるため、外気温と設定温度の差が大きければ大きいほどエアコンの立ち上がりに電力を消費します。

そのため、快適な温度になったら消し→暑くなったらまたつける、というようなエアコンの使い方は逆に電気代がかかってしまいます。在宅時にはエアコンをつけっぱなしにしておく方がお得にエアコンを使うことができます。

1時間程度の外出
  • ちょっと子どものお迎えに…
  • ちょっとコンビニまで…
  • ちょっと犬の散歩に…

1〜2時間くらいの外出であればエアコンはつけっぱなしの方が◎

かといって日中だれもいないのに24時間つけっぱなしにしていたら節約にはなりません。長時間の外出時はエアコンの電源はオフにしましょう。

節約その2:自動運転がお得

しばちゃん
しばちゃん
節約するならエアコンの風量は微弱が良いのかな?

と思いがちですが、節約するなら自動運転が一番です。「節約その1」でお話しした通り、エアコンが一番電力を消費するのは室温を設定温度まで下げるとき。微弱運転だと室温が設定温度に下がるまで時間がかかってしまい、節電にはなりません。

自動運転だと最初に室温を設定温度まで一気に下げてくれ、その後は微弱運転で室温を保ってくれます。

節約その3:設定温度を1℃あげる

可能であれば設定温度を1℃あげるだけで、電気代の節約になります。ずっとエアコンをつけておくと、設定温度が少し高めでも快適に過ごせますよ。

設定温度を27℃から28℃にするだけで年間約820円の節約になります。(参照元:経済産業省

節約その4:ドアの開け閉めは必要最低限に!

涼しくなった部屋もドアや窓を開けることによってあっという間に室温が上がってしまいます。そうするとエアコンは再度室温を下げるために電力を消費します。

エアコンをつけているときは閉めることができる扉は全て閉め、ドアの開け閉めは最低限にしましょう。

節約その5:カーテンやすだれで日差しをシャットアウト!

日光が部屋に当たると、それだけで室温が暖かくなってしまいます。エアコンを効率的に使用するためにもカーテンやすだれを使い、日光が部屋に入ってこないようにしましょう。

日光をシャットダウンすることにより、紫外線予防にもなるので一石二鳥です◎

シミができる原因とは?対策をして美白を手に入れよう!年齢を重ねるごとに気になってくるお肌のシミ。 シミの対策と言えば「日焼け止めを塗る」「美白化粧水を使う」「レーザーでシミ取りをする...
髪と頭皮のために始めよう!紫外線対策とアフターケアよろしければクリックお願いします↓人気ブログランキングへにほんブログ村へ 夏になると肌の日焼け止めはしっかりしていても、髪の毛や頭...

節約その6:2週間に1度のフィルター掃除

エアコンをずっと使っているとフィルターにほこりが詰まっていきます。フィルターにほこりが詰まったまま使っているとエアコンの効きが悪くなってしまい、電力の消費も大きくなってしまいます。

2週間に1度〜1ヶ月に1度の頻度でフィルター掃除をするだけで、4%エアコンの電気代を節約することが可能です。

また、定期的にプロにエアコン掃除をしてもらうのもおすすめ!

お掃除マスター

エアコンを覗いてください。プロに掃除をしてもらったことがないエアコンの内部はたくさんのカビが・・・!

フィルター掃除くらいなら自分ですることも可能ですが、エアコン内部の掃除は自分で行うと故障する可能性もありなかなかすることができません。

そこでプロに頼んで徹底的にきれいにしてしまいましょう♩

ハウスクリーニングの【お掃除マスター】

まとめ

いかがでしたか?夏、エアコンをつけるのを我慢していると熱中症になり「かえって医療費の方が高くついた」なんてことにもなりかねません。それだけで済めばまだしも、命に関わってくる場合もあります。

節約しつつも上手にエアコンを使い、今年の夏は快適に過ごしましょう。

 

 

ランキングサイトに参加しています


ブログランキング・にほんブログ村へ