美容

髪と頭皮のために始めよう!紫外線対策とアフターケアを紹介

悩める人
悩める人
夏になると髪の毛がパサパサ。どうしたら良いの?

夏になると肌の日焼け止めはしっかりしていても、髪の毛や頭皮の対策は見落としがちです。

髪の毛がパサパサだと実年齢より老けてみられてしまうこともあるので、ヘアケアはしっかりしておきたいところ。

今回は髪と頭皮の紫外線対策についてまとめました!

 

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

紫外線対策をしないとどうなる?!髪と頭皮へのダメージ

紫外線対策をすべきは肌だけではありません。

髪が受ける紫外線のダメージ

髪の毛は紫外線があたることによってタンパク質が壊されてしまい、このことによって夏になるとパサつきやすくなります。

キューティクルがダメージを受ける

髪の表面にあるキューティクルにはメラニンがないので、紫外線によりダメージを受けやすいんです。

キューティクルが紫外線によるダメージを受けると、ツヤがなくなりパサついた手触りの悪い髪になってしまいます。

夏のレジャーが髪の毛にダメージを・・・

夏になるとプールや海に行くこともあるかと思います。

しかし髪が濡れた状態で紫外線を浴びてしまうと髪の内部で酸化が起きて、たった数時間で大ダメージを受けてしまいます。

髪の色素も酸化によって分解されるので、明るくなりやすくなります。

頭皮が受ける紫外線のダメージ

頭皮が紫外線を浴びると、肌が日焼けするのと同じように赤くなりヒリヒリするような状態になります。

「髪の毛があるから大丈夫」と思ってしまうのですが、つむじ部分や前髪の分け目部分など、よく見ると他の箇所より肌が黒くなっていることに気づきませんか?

頭皮が日焼けをすると、肌と同じように炎症や乾燥を起こします。

それにより育毛環境が悪くなってしまうので、結果抜け毛やうねりの原因となってしまいます。

髪と頭皮のためのおすすめ紫外線対策


紫外線特に3月頃から急激に強くなるので、涼しくてもそのころから対策をしていきましょう!

ちぴ
ちぴ
1年中対策をするのが理想です!

①UVカットの帽子をかぶる

紫外線対策には直接日差しを浴びないということが1番!
ツバが広めの帽子だと、顔や首の日焼けも防止してくれます。
紫外線は普通の帽子だと通してしまうので、UVカット機能が備わっている帽子にしましょう。

②日傘を持ち歩く

帽子をかぶるのと同じように、頭皮を紫外線から守るなら日傘ももちろんOK!

  • 帽子をかぶると蒸れるからいや
  • 仕事中に帽子をかぶることができない
  • ヘアスタイルが乱れるから帽子はいや

こんな場合は日傘の方がおすすめです◎

少し荷物になってしまいますが折りたたみのものもありますし、晴雨兼用の物を購入すれば突然の雨にも対応できます♩

【最新版】屋外でおすすめ!熱中症対策グッズまとめ【2021年】 ここ数年は毎年信じられない暑さになるので、外にでるのも億劫ですよね。 クーラーが効いた部屋から出たくなくなってしまいます。...

③UVカットスプレーをつける

髪用のUVカットスプレーもあり、UVカット機能にプラスしてスタイリングができるもの、保湿ができるオイルタイプのものなどがあります。

髪用のスプレータイプのものであれば、ヘアセットした後でも髪型を崩さずに簡単にUVカットすることが可能。

髪から10〜15cm程度離してから髪全体にまんべんなくつけ、外出中もこまめにスプレーしましょう。

顔や体にも使えるスプレータイプ

アネッサのスプレーはスーパーウォータープルーフなので、海やプールで遊ぶ人、汗をかきやすい人におすすめ。

顔・体・髪が1本でUVカットできます◎

とても良い香りのミーファのUVカットスプレー。

こちらも顔・体・髪と1本でOKです。

香水代わりにもなりますし、6種のオーガニックハーブエキスとオレンジ油やローズヒップ油などで肌と髪の保湿もしてくれます。

無香料のものも含め5種類の香りから選ぶことができます。

スタイリング剤としても使えるタイプ

バタータイプのスタイリング剤ですが、UVカット成分もしっかり配合◎

乾燥しがちな髪もシアバターで保湿してくれます。

UVカットをしてくれるオイルタイプ

洗い流さないタイプのトリートメントですが、紫外線カットもしてくれます。

もちろん日常使いも可能です。

紫外線でパサついた髪のアフターケアにも♩

髪や頭皮が日焼けをした後のアフターケア


紫外線対策をしっかりしていても、とくにプールや海に行った後、長時間外にいたあとは日焼けをしてしまっているものです。

日焼けをしてしまったらしっかりとアフターケアをして、パサパサになってしまうことを防ぎましょう!

①シャンプーは優しく丁寧に

紫外線によりダメージを受けたあとは、髪と頭皮がシャンプーでさらにダメージを受けてしまわないように、いつも以上に優しく丁寧に洗っていきます。

シャンプーのポイント

ポイント
  1. シャンプー前にブラッシングを行い、絡まりや汚れを落とす(無理なブラッシングはしない)
  2. ぬるま湯で予洗いをして頭皮や髪の毛の汚れを落とす
  3. たっぷりと泡立てたシャンプーで指の腹を使い優しく洗う
  4. ぬるま湯でシャンプーをしっかりとすすいだら、毛先を中心にコンディショナーをつける

熱いお湯はパサつきの原因となってしまうので、ぬるま湯で洗うことがポイントです。

トリートメントやヘアマスクがあれば、コンディショナーの前に使用してしっかりと保湿しましょう。

おすすめのトリートメント・ヘアマスク

プチプラなのにしっかりと髪の毛を保湿してくれるヘアマスク。

パサつきや痛んでしまって切れ毛や枝毛に悩んでいる人におすすめです。

ダメージ部分を疎水化しながら、ダメージを受けた髪の毛をケアしてくれます。

ハチミツが配合されている保湿力の高いトリートメントです。

【ヘッドスパセブン】美容大国韓国で1200万本売れたおすすめヘアケアの使い方と効果【トリートメント編】美容大国韓国で1,200万本売れたヘッドスパセブン! 今回はトリートメントのレビューです♩ まずはトリートメントだけでも使っ...

②頭皮の保湿もしっかりと行う

紫外線やエアコンの影響で頭皮も肌と同じように乾燥してしまうので、頭皮も肌と同じようにしっかりと保湿することが大切。

頭皮用の保湿ローションや美容液があるので、それで保湿することができます。
痒みやフケの予防にもなるため空気が乾燥している冬場にもおすすめです。

トリートメントが頭皮に残ってしまうと逆にダメージの原因となってしまうので、頭皮にトリートメントをつかないようにして、洗い残りがないように気をつけましょう。トリートメントでは頭皮の保湿はできません。

③ドライヤーで乾かす

髪が濡れたままにしておくと頭皮には雑菌が増え、髪の毛はキューティクルが傷つきダメージヘアの原因となってしまいます。

しかし長時間をかけて乾かしていると、逆にドライヤーの熱がダメージの原因となってしまうことも・・・。

ポイント
  1. しっかりとタオルドライして余分な水分をとる
  2. 洗い流さないトリートメントを、毛先を中心に塗布する
  3. 髪からドライヤーを20〜30cm離し、1箇所だけに集中しないように気をつけながら乾かす

④美容室でトリートメントやヘッドスパをする

頭皮のメンテナンス、ダメージを受けてしまった髪の毛のメンテナンスとして、美容室でヘッドスパやトリートメントをしてもらうこともおすすめです。

ヘッドスパは頭皮の洗浄・頭皮の血流を良くすることができるので、髪と頭皮の活性化が期待できます。

セルフケアよりも早くダメージが軽減されるので行ってみましょう。

まとめ

今回は髪と頭皮のための紫外線対策、アフターケアについてまとめました。

頭皮と顔の皮膚はつながっているので、頭皮のケアを怠っていると顔のたるみの原因にもなってしまいます。

日頃の紫外線対策が後々影響してくるので、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

また、髪の毛の分け目を変えて一箇所にダメージを集中させないようにすることもおすすめですよ。

 

【ヘッドスパセブン】美容大国韓国で1200万本売れたおすすめヘアケアの使い方と効果【トリートメント編】美容大国韓国で1,200万本売れたヘッドスパセブン! 今回はトリートメントのレビューです♩ まずはトリートメントだけでも使っ...
【ヘッドスパセブン】美容大国韓国で人気のシャンプー!効果・使い方をチェック!美容大国韓国で1,200万本売れたという、ヘッドスパセブンの水シャンプー&水トリートメントをご存知ですか? 韓国のトップブランドを...
ネイチャーリパブリック アロエジェルの使い方とレビュー!美容大国韓国でも大人気の万能ジェル韓国でも大人気のネイチャーリパブリックのアロエジェル!たくさんの使い方があるとSNSでも話題♩ 本記事ではそのアロエジェルの徹底レビューと、使い方を紹介しています! 今アロエジェルの購入を考えている人は、本記事を参考にしてくださいね♩...

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村