生活・悩み

【最新版】屋外でおすすめ!熱中症対策グッズまとめ【2021年】

悩める人
悩める人
これから暑い夏がやってくるから、熱中症にならないか心配・・・

ここ数年は毎年信じられない暑さになるので、外にでるのも億劫ですよね。

クーラーが効いた部屋から出たくなくなってしまいます。

そんなあなたへ、今回は少しでも快適に過ごすことができる熱中症対策グッズを紹介します!

今年の夏はぜひ活用してみてください♩

熱中症対策①:ポータブル扇風機

最近持っている人が急増したこのアイテム♩

ちぴ
ちぴ
私も通勤時や犬の散歩のときに使ってみたけど、快適すぎて手放せないアイテムになってしまいました(笑)

今年ももちろんお世話になる予定です。

手持ちorネックストラップ付き扇風機

手で持って使ったり、机の上に置いて使ったり、ネックストラップ付きで首からかけて使ったり。

首からかけておくと両手が空いて便利です。

可愛くてお子さんにもおすすめ☆

可愛いものだと「暑くてやる気がでない」なんて日も少しだけテンションも上がりますね。

便利な首かけタイプ

最近では首かけタイプも人気。

両手も空いて2方向からしっかりと風が当たるので、より快適に過ごすことができます。

ウォーキングや自転車に乗る時なんかにも便利◎

熱中症対策②:扇子

ハンディタイプの扇風機を持つのにはちょっと抵抗が・・・

そんな人におすすめなのは扇子です。

また、扇風機の充電するの忘れてた!なんて非常用にも。

扇子はバッグに入れてもかさばりにくいのでおすすめです♩

熱中症対策③:ネッククーラー

熱中症対策として重要なのは、体を冷やすこと

首には太い血管があり効率的に体を冷やすことが可能なので、ネッククーラーは熱中症対策にとくにおすすめです。

首に巻くだけで簡単に使用することができ、通勤通学、スポーツ時、お子さんからお年寄りまで様々なシーンで利用可能◎

保冷剤タイプ

保冷剤を入れて利用します。

ちょっと散歩をするとき、庭仕事をするときにおすすめのアイテム♩

デメリット

保冷剤が溶けるまでは冷たくて快適ですが、保冷剤が溶けてしまうと効果が無くなります。

水で濡らして使用するタイプ

水に濡らすだけでひんやり感を得ることが可能なタイプ。

保冷剤も不要なのでより楽に使用することができます。

メリット

ひんやり感がなくなれば水に濡らすだけで復活。

保冷剤を入れるタイプのものは保冷剤の分ゴツイ見た目になってしまいがちですが、このタイプはバンダナのように薄いものが多く、見た目が気になってしまう人にもおすすめ。

熱中症対策④:日傘

熱中症対策・日焼け対策に日傘は欠かせないアイテム。

太陽の熱を遮ることで快適に過ごせますし、晴雨兼用の物を使えば急な夕立ちや梅雨のときにも対応できます。

選び方のポイント
  1. 日焼け対策にはUVカット表記があるものを選ぶ
  2. 照り返し対策、紫外線対策には内側の素材が黒っぽいものがおすすめ
  3. クール傘、ひんやり傘などの表記がある日傘はより涼しく使用できる

日傘は女性用だという先入観がまだまだありますが、男性用の日傘もあります。

男性の方が暑がりの人も多いので、男性こそ日傘を積極的に活用した方が良いのでは?と個人的には思います◎

まとめ

おすすめの暑さ対策グッズを紹介してみました。

近年の猛暑日は本当に命に関わってしまうくらい温度が上がってしまうので、外に出る時はできる限り対策をして外出するようにして夏を乗り切りましょう。

 

【美肌】シミができる原因は?対策をしてシミやそばかすを予防しよう!【スキンケア】年齢を重ねるごとに気になってくるお肌のシミ。 シミの対策と言えば「日焼け止めを塗る」「美白化粧水を使う」「レーザーでシミ取りをする...
【アプリン】オールキルクリームの口コミや使い方を解説!【韓国コスメ】10月中旬。 こちらの記事でも書きましたが、秋は保湿はもちろんのこと、夏に受けた紫外線のダメージケアを始める時期。 秋のお肌...
【ヘッドスパセブン】美容大国韓国で人気のシャンプー!効果・使い方をチェック!美容大国韓国で1,200万本売れたという、ヘッドスパセブンの水シャンプー&水トリートメントをご存知ですか? 韓国のトップブランドを...

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村