生活・悩み

屋外でおすすめの熱中症対策グッズまとめ【2020年】

しばちゃん
しばちゃん
これから暑い夏がやってくるね〜熱中症にならないか心配だよ〜(悲)

ぴよ
ぴよ
毎年信じられない暑さになるから外に出るのも憂鬱だね。でも良いグッズを手に入れたんだ〜♩

毎年尋常ではない暑さで外に出るのも億劫。クーラーが効いた部屋から出たくなくなってしまいます。

そんなあなたへ、少しでも快適に過ごすことができる熱中症対策グッズを紹介します。今年の夏はぜひ活用してみてください!

 

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ポータブル扇風機

最近若い子を中心に持っている人が急増しましたね。

私も通勤時や犬のお散歩時に使ってみましたが、快適すぎて手放せなくなってしまいました。今年も沢山お世話になる予定です。

手持ち/ネックストラップ付き扇風機

手で持って使ったり、机の上に置いて使ったり、ネックストラップ付きで首からかけて使ったり。

首からかけておくと両手が空いて便利です。

とても軽くて首からぶら下げていてもノンストレス(98g)!

LED照明付きなので夜、外灯のない道を歩くときなんかも安全です。USBで充電可能なので、仕事中にも◎

可愛くてお子さんにもおすすめ☆

可愛いものだと暑くてやる気がでない、なんて日も少しだけテンションも上がりますね。

便利な首かけ扇風機

最近では首かけタイプも発売されました!両手も空いて2方向からしっかりと風が当たるのでより快適に過ごすことができます。

卓上に置いても使用することも、360度向きを調節することも可能です。

アロマ機能もあるのでお気に入りのアロマを垂らして使えば暑さのストレスも改善され、夏をより快適に過ごすことができますね。

扇子

ハンディタイプの扇風機を持つのにはちょっと抵抗が・・・

そんな人におすすめなのは扇子です。

また、扇風機の充電するの忘れてた!なんて時にも扇子だと利用できます。お洒落な扇子だとパッと目を惹きますね。

プラスチックの扇子でよりカジュアルに、可愛く使うことができます。

ネッククーラー

熱中症対策として重要なのは、体を冷やすことです。

首には太い血管があるので効率的に体を冷やすことが可能なので、ネッククーラーは熱中症対策にとくにおすすめです。

首に巻くだけで簡単に使用することができるので、通勤通学、スポーツ時、お子さんからお年寄りまで様々なシーンで利用可能です。

保冷剤タイプ

保冷剤を入れて利用します。保冷剤が凍っているうちは冷たくてとても快適ですが、保冷剤が溶けてしまうと効果がなくなってしまいます。

そのため通勤通学に使いたいという人は帰宅時には効果がなくなってしまう点がデメリットとなります。

しかし少し散歩にいく時や庭仕事をする時などはおすすめです。

今治タオルで作られているので汗も拭き取れる優れもの。冬はホッカイロを入れて使用することもできます。

水に濡らして使用するタイプ

水に濡らすだけでひんやり感を得ることが可能なタイプ。

保冷剤も不要なのでより楽に使用することができます。ひんやり感がなくなったら水に濡らすだけで復活するので、外出先でも気軽に使えます。

保冷剤をいれて使用するタイプの物は保冷剤の分、少々ゴツい見た目になってしまいますが、こちらのタイプは薄い物が多く、見た目が気になってしまう人にもおすすめ。

ちょっと大きなタオルタイプ。ストール感覚でも良いですね。

日傘

熱中症対策・日焼け対策に日傘は欠かせないアイテムです。太陽の熱を遮ることですごく快適に過ごせます。晴雨兼用の物を使えば急な夕立ちや梅雨のときにも対応できます。

選び方のポイント

  • 日焼け対策にはUVカットの表記があるものを選ぶ
  • 照り返し対策、紫外線対策には内側の素材が黒っぽいもの
  • クール傘、ひんやり傘などの記載がある日傘はより涼しく利用できる

竹ハンドル+タッセル付きでとってもおしゃれに持つことができます。

ボタニカル柄やレモン柄、北欧柄など可愛い柄が沢山あって選ぶのも楽しい♩可愛いけれどUVカット99.9%以上・遮光率100%・晴雨兼用です。

折りたたみ

バスや電車に置き忘れてしまうことが心配な人、傘を手に持つことが億劫な人は折りたたみタイプがおすすめです。

男性用日傘

ここ数年は異常気象で夏の温度が命に関わる暑さになっているので、男性も日傘を使用するようにした方が良いと言われています。日傘=女性というイメージがあるので使いたくないという人もいるかとは思いますが、使ってみると快適なのでぜひ使ってみて欲しいです。

まとめ

今回はおすすめの暑さ対策グッズを紹介してみましたが、いかがでしたか?近年の猛暑日は本当に命に関わってしまうくらい温度が上がってしまうので、外に出る時はできる限り対策をして外出するようにして夏を乗り切りましょう。

 

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村