妊活

実はウソ!?「妊娠にイイ」噂!

妊活を始めて、いろんな情報収集をはじめた方も多いのではないでしょうか?しかしネットには本当の話も多いですが、稀にウソの情報も紛れているもの…。

今回は私が情報収集をしたうえで、実はウソだった話を書いていこうと思います。妊娠に効果がないだけなら良いのですが、むしろ逆効果だった!ということもあるので、真偽を確かめることも重要です。

 

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

妊活するなら正常位

正常位が妊娠しやすい、なんて話がありますが、実は何の根拠もありません。

どんな体位であろうが、夫婦で好きな体位を楽しんでください。

正常位じゃなきゃ!妊娠しなきゃ!と行為が義務的になってしまうと、逆に回数が減ってしまうことも…。回数が多いほど妊娠の確立は上がります。リラックスして夫婦生活を楽しむことも重要ですよ。

毎回の行為が単調になると、どうしてもマンネリ化してしまうもの。たまにはホテルに行ったり、旅館に行ってムードを変えてみるのも

行為のあと、腰を上げる

よく耳にするのが、行為のあとに腰をあげるというもの。マンガやドラマなんかでも旦那さんに足を上げてもらってるシーンを見かけたことがあります。

精子が子宮に届きやすくするため!とありますが、これは実は逆効果。

ある一定の場所に精子がたまってしまう原因になり、かえって精子が子宮に届かなくなってしまう原因に。

今これをやっている方はやめた方が良いでしょう。

基礎体温が下がった日に営みをする

排卵日が基礎体温が下がった日の人もいれば、その前日、または翌日の人もいるので、一概に基礎体温が下がった日に関係をもてば妊娠するとは言い切れません。

また、妊娠の可能性が最も高いのは排卵日の2日前に性交渉をもつというデータもあります。

基礎体温をずっと付けていれば自分の排卵日がなんとなくわかってくるはずです。基礎体温が下がった日に行為をするのではなく、排卵日前後はこまめに性交渉することで妊娠の確立はUPします。

人によって異なりますが、精子の寿命は約36時間~48時間と言われていますので、その感覚で性交渉をもつのがベストです。

朝すると妊娠しやすい

「朝したら妊娠しやすくなる」というウワサがありますが、これも間違いです。妊活と行為をする時間帯には医学的な根拠がなく関連がないとされています。

ですが朝、行為をすることで得られるメリットもあります。

  • テストステロンという男性ホルモンは睡眠中に分泌されるので、朝は量が多い状態である
  • ノルアドレナリンという興奮を高める物質が、女性は起床後3時間以内に最も多く分泌される
  • マンネリ化を防ぐことができる

妊活におすすめサプリ

 

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村