お金のはなし

フリーローンとは?そのメリットとデメリットについて

しばちゃん
しばちゃん
ねえねえ、フリーローンって初めて聞いたんだけど知ってる?

ぴよ
ぴよ
もちろん知ってるよ!今回はフリーローンについて簡単に説明していくね!

 

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村

フリーローンとは

フリーローンとは、名前通り目的を問わないローンのことを指します。主に銀行が取り扱っている個人向けのローンサービスとなります。

カードローンと似たようなサービスですが、金利や借入回数、使用目的が異なります。

事業目的や投資目的としては使用できませんが、その他であれば利用制限はありません。銀行により異なりますが基本的に担保・保証人なしでお金を借りることができ、ローンの借り換えや、急に必要となった冠婚葬祭や家計、趣味などに利用できます。

カードローンと大きく異なる点はカードローンは限度額まで何度も融資を受けることが可能ですが、フリーローンは一度借りてしまうと、再度借り入れすることができません。月々の返済は口座からの引き落としとなります。

調べてみたところカードローンよりフリーローンの方が審査が難しく通りづらい傾向にあるようです。

大手銀行と地方銀行のフリーローン

大手の銀行で扱うフリーローンの方が低金利であることが多いようです。しかし銀行は審査が厳しいので、審査で落とされてしまう可能性があります。

銀行側としても確実に返済をしてくれる相手に融資を行いたいと考えているので、融資を行う相手の収入や勤務先、資産等の審査を行います。また利用目的を証明する書類を求められることもあります。

地方銀行やネットバンクでもフリーローンの申し込みは可能なので、大手の銀行で断られたら地方銀行やネットバンクに申し込んでみてはどうでしょうか。

  • 地方銀行のフリーローン・・・金利は大手の銀行と同じくらい。その銀行の口座を持っている人は比較的融資を受けやすい傾向にある。しかし地元銀行がある地域に勤務先があったり、住んでいなければ申し込みができないなどの制限があることも。
  • ネットバンク・・・申し込み手続きが他の銀行と比べて簡単にできる

また銀行により、サービスにより、担保ありのものと無担保で融資を受けられるものとあります。担保ありの方が審査は厳しくなるようですが低金利で融資を受けることができる傾向にあります。

フリーローンのメリット・デメリット

フリーローンの特徴

フリーローンはカードローンと違い、一度申し込み借り入れすると再度借り入れすることができません。借り入れしたあとは返済に専念できますが、追加で融資して欲しいと思っても再度銀行の審査を受けて契約をしないといけません。

反対にカードローンは金利がフリーローンよりも高い傾向にありますが、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れ可能です。

あとで後悔することのないようにフリーローンのメリットとリスクを理解しておきましょう。

フリーローンのメリット

金利の低さ

一般的にカードローンと比較するとフリーローンの金利は低く設定されています。キャッシングやカードローンは金利が10%以上になることが多いですが、フリーローンは10%以下で利用できることが多いです。

とはいえ銀行により固定金利と変動金利を選ぶプランがあったり、カードローンの最低金利の方がフリーローンの金利より低いということもあるので、融資額と実際に融資を受ける予定の銀行のホームページを必ず確認しましょう。

借入残高が増えない・借り過ぎを予防できる

これをメリットと考えるかデメリットと考えるかは人により違ってくると思います。フリーローンは何度も書いている通り、繰り返し融資を受けることができません。そのため返済を滞らせずに毎月着実に返済していくと借り入れ残高は必ず減っていきます。

その反面キャッシングやカードローンは限度額以内であれば何度でも繰り返し借り入れ可能なので、全然借り入れ残高が減らない、完済できないという人もいます。

フリーローンはカードローンと比べると使い勝手が悪そうに感じるかもしれませんが、言うなればローンは借金です。借金が増えないという点を見れば安心感を感じる人も多いでしょう。

フリーローンは多額の融資を受けたい人に向いているので、小額をこまめに借りたいという人には向いていないサービスです。そのような使い方をしたい人はフリーローンよりカードローンの方が向いています。

ローンの借換えに利用可能

カードローンではできませんが、フリーローンでは借り換えや複数の借入を一緖にすることが可能です。

銀行によってはそれ専用のサービスもあるため、ローンをまとめたい、借り換えを検討しているという人は、金利などどちらがお得になるか比較してみてください。

フリーローンのデメリット

融資を受けるまでに時間がかかる

カードローンにも融資を受けるには審査がありますが、融資額が小額であることが多いので審査もその分早く終わる傾向にあります。しかしフリーローンは多額の申し込みであることが多く、仮審査を経て本審査となり審査にかかる時間が長くなる傾向にあります。審査にかかる時間は7営業日前後が目安です。即日融資を受けることが可能なフリーローンのサービスがある銀行はほとんどなく、急ぎで融資を必要とする人には不向きなサービスです。

融資を受けたあとは、使用目的にちゃんと支払いを行ったことがわかるような書類の提出を求められる銀行もあります。

フリーローンより審査が簡単なカードローンでも、複数の銀行や消費者金融から借入をしていたり、支払能力に問題があると判断された場合は審査に時間がかかったり審査に通らないこともあります。

手数料が必要

フリーローンの場合、繰り上げ返済をしようとすると手数料が必要な銀行がほとんどです。銀行によっては一部繰り上げであっても全額繰り上げであってもその都度繰り上げ手数料が必要となることも。(銀行によっては繰上手数料無料ということもあります)

また、契約時にも事務手数料が必要であることが非常に多いです。銀行の公式ホームページに繰上手数料のことも事務手数料のことも必ず記載がされているので、漏れなく確認しましょう。

ちなみに・・・

カードローンの場合は繰上手数料も事務手数料も必要ないことが多いです。

審査が厳しい

銀行により様々ではありますが、年収制限が設けられていることが多いです。融資額が高額であることが多いてことや、銀行側も確実に返済してもらわなければならないため、多くの銀行が年収制限を設けています。

利用条件として設定されていることが多い条件をピックアップしてみました。

  1. 満20歳以上
  2. 完済時60歳〜70歳未満(銀行により幅があります)
  3. 前年度の税込年収200万円以上
  4. 安定した収入があること
  5. 勤続年数2年以上

全ての銀行がこれに当てはまるわけではなく、これ以上に条件が厳しいこともあれば緩い場合もあります。

まとめ

今回はフリーローンについてまとめてみました。

どのサービスで融資を受けるか、自分にはどのタイプのサービスが合っているのか、返済計画はどうするのか、ローンを借りるときは入念に考えて借りましょう。

 

 

ランキングサイトに参加しています

美容・ビューティーランキング
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村